感染法により感染症と診断されたらサワシリン

空気や水、人や動物など環境の中にある病原性の微生物が人の体内に入ることで起こる病気を感染症といいます。

感染症の感染法は3つあります。
感染法の一つ目は空気感染です。空気中にある病原菌が入ることで病気になるのです。二つ目は飛沫感染です。咳やくしゃみによって人から人に感染するのです。更に病原体に汚職された物質を触ることによる接触感染があります。
これらの感染法によって感染が診断された場合は、治療を受ける必要があります。

サワシリンは感染症の治療に効果があり、ペニシリン剤の中でもよく利用されている薬です。
さまざまな感染症の治療だけでなく、やけどや手術後の二次感染治療にも使われています。

溶連菌感染症と診断された場合など、サワシリンが処方されることが多いです。用量は年齢や症状によって異なりますが、1日3回から4回、食後に服用する薬です。サワシリンを飲むことで、殺菌されると同時に、腸内細菌に影響を及ぼして下痢を引き起こすなどの副作用が出る場合もあるので、整腸剤も一緒に処方されることが多いです。

サワシリンはそのほか、扁桃炎や気管支炎など比較的軽い感染症と診断された場合に用いられることが多い薬です。カプセルや錠剤など種類が揃っており、小児の場合にはドライシロップもあるので、大人から子供まで飲みやすいです。

下痢のほかにも、発熱や嘔吐、食欲不振などの副作用を起こすこともあります。サワシリンはペニシリン系の抗生物質ですが、数万人に1人は、ペニシリンショックといって重篤なアレルギー症状を引き起こす可能性があるので、注意が必要です。

皮膚の炎症や喉の炎症にも効果があり、とびひやにきび、ものもらいなどにも処方されています。