殺菌作用が強い成分とは?

サワシリンは医療機関でも幅広く使われている抗生物質です。
ペニシリン系の抗生物質で、高い殺菌作用が期待できます。
ペニシリン系の成分は、感染症の原因となる細菌などの細胞壁の合成を阻害し、細菌の増殖を抑制します。
抗菌作用というよりも殺菌作用のような効き目を出してくれます。
使われているのは、呼吸器・皮膚・耳鼻科・尿路など様々な箇所の感染症に対してです。
他にも、赤痢菌や大腸菌、インフルエンザ菌、などのグラム陽・陰細菌の両方の細菌に作用して、感染症を防いでくれたという実績があります。
ただ、サワシリンのペニシリン系の抗生物質によってじんま疹などのアレルギー症状が現れる可能性もあるので、その場合には使用を控える必要があります。
また、伝染性単核症ウィルス性の病気にかかっている時には使うことが出来ません。
喘息・じんま疹の持病を持っている人は、ペニシリン系の抗生物質は注意して使う必要があります。
サワシリンは細菌による感染症に高い効果を発揮してくれるので、呼吸器・耳鼻科領域では特によく使われています。
因みに風邪はウィルス性のものなので、ペニシリンが直接は効きません。
単なる風邪の場合に処方されるのは、細菌に対して殺菌効果を与えるためではなく、二次感染を防ぐためです。
サワシリンを個人輸入代行業者を通して輸入するのは合法です。
ただし一度に輸入出来る量が決まっているので、用法用量から見て1ヶ月以内程度の分量で入手するようにしましょう。
個人輸入代行を利用する場合には個人利用のみの範囲に限られます。
転売などの営業目的で使ってしまうと違法になってしまうので注意が必要です。
また、医師から処方されたもの以外は効果は自己責任になるので、安全に使いましょう。

サワシリンの成分を知ろう

サワシリンとは、イギリスの製薬会社「ビーチャム」社が開発した合成ペニシリン製剤で、アモキシシリンという成分が主成分としており、アンピシリン水和物のベンゼン環のpara位に水酸基を導入した構造をもっています。

細菌などの細胞壁合成を阻害、増殖を抑制することで殺菌・抗菌するため、呼吸器系や内臓、皮膚、目や耳、鼻、歯、泌尿器や尿路など全身のあらゆる菌による感染症や火傷や手術後の二次感染の治療に使用されます。
特に、グラム陽性菌やグラム陰性菌による感染症には非常に効果があるため、ペニシリン剤のなかで最も使用されている成分です。

サワシリンは、発疹や発熱、かゆみなどのアレルギー症状や下痢や吐き気、腹痛、食欲不振などが起こることがあります。ペニシリン系の抗生物質を使用して、喘息やじん麻疹などアレルギー症状を起こしたことのある場合は使用を控えてください。

まれにショック症状や貧血などの血液障害、腎臓障害、口内炎、偽膜性大腸炎、肝機能障害、黄疸をおこすことがあります。また、服用後に、口が渇く、痛みやただれなどの口腔内の異常、めまいや耳鳴り、発疹、頻繁な便意などの症状がおこったときはショック症状が起こる前兆の可能性もあるので、服用を止めてすぐ医療機関を受診してください。

伝染性単核症ウイルス性の病気にかかっている方は、サワシリンによる影響で発疹が出やすいため、使用を控えてください。他にも重篤な副作用として、重い副作用として、腎不全、血液障害、大腸炎、皮膚障害が起こったという報告があります。腎臓が悪い方や高齢者の使用も副作用がでやすいので、服用する場合は、服用する量や服用間隔などに注意しなければなりません。